宝石鑑定士が教える ダイヤモンドのカラーの選び方 

HOME > ダイヤモンドについて > 宝石鑑定士が教える ダイヤモンドのカラーの選び方 

Color カラー

G以上は見分けが付かない H,Iは少し気になるかも

ダイヤモンドには、D~Zまでカラー のランク付けがされています。ちなみにファンシーカラーのダイヤモンドにはつきません。 ファンシーカラーとは、濃い黄色や、茶色、ピンクなど色味が 付いているダイヤモンドのことです。

ファンシーイエローダイヤモンドとかピンクダイヤモンドには、カラーのランク付けはないのです。透明で白のダイヤモンドものにのみ、

D,E,F・・・・・・Zまでカラーのランク付けされています。

婚約指輪を買うなら、どのランクのダイヤモンドを買うのがおすすめでしょうか。基本的に指輪の枠が白色(素材がPT、プラチナ、WG ホワイトゴールド)ならD,E,F,G,H,Iくらいまでをお勧めします。

正直、D,E,F,Gくらいまで、色の区別、つきません。

IMG_9653.JPG

わかりますでしょうか??↑ラボ(鑑別機関)で、強い光を当てても、これくらいしか違わないのです。このダイヤモンドをリングにして、さらに指にはめたら、全く判りません。

(左、H, 右 D 左は0.4ct、右は0.35ct)

色は、白い台の上に乗せて、ひっくり返した状態でライトをあてて判別するのです。実際、指輪に留ったら、ダイヤモンドのカラーの違いなんてほとんどないんです。なら、安い方がよくないですか? その分の予算を他(サイズを大きくするとか)デザインを良いのにするとかした方がバランスは良いです。

もちろん、お金がたっぷりあるなら、ダイヤモンドのカラーはDを進めます・・・。Eを買うなら、絶対Dです。 絶対きりっとしています。

ただダイヤモンドのカラーがJ,Kくらいより下がってくると、若干黄色い(もしくは茶色い)印象がありますのでお薦めしません。リングの地金がイエローゴールドなら問題ないですが、ホワイト(プラチナ、K18WGなど)なら、やはり、Iくらいまでにしておくのをお勧めします。

どのクラリティを選べばよいの?
どのカットを選べばよいの?
どのカラーを選べばよいの?
どのカラットを選べばよいの?
鑑定書の選び方
ハートアンドキューピッド

ページトップへ

店頭では絶対教えてくれない結婚指輪・婚約指輪の選び方

ダイヤモンドについて

価格について

ジュエリー選びのコツ

ブランドについて

リングの素材について

宝石鑑定士の私が購入したジュエリー

サイトについて