宝石鑑定士が教える ダイヤモンドのカットの選び方

HOME > ダイヤモンドについて > 宝石鑑定士が教える ダイヤモンドのカットの選び方

Cut

できればEXCELLENT以上が好ましい

ダイヤモンドのカットの良し悪しは、結構素人目で見ても気になるところです。CARAT(カラット)の次に判りやすいです。


なんとなく暗いとか、何となく歪んでいるとか、よくわからないけれど、違う印象を持つのがCutが影響しています。

Cutに関しては、是非、Good以上を選ぶことを強くお勧めします。何を削っても、ここは削らない方がよいかと・・・実はGOODでも、結構悩ましいです。

中にはGOODでもマシなものもありますが、可能であれば、VERY GOOD以上がよいと思います。

3EX H&C(ハートアンドキューピッド、ハートアンドアロー)
EXELLENT
VERY GOOD
GOOD
FIAR
POOR




どのクラリティを選べばよいの?
どのカットを選べばよいの?
どのカラーを選べばよいの?
どのカラットを選べばよいの?
鑑定書の選び方
ハートアンドキューピッド


ページトップへ

店頭では絶対教えてくれない結婚指輪・婚約指輪の選び方

ダイヤモンドについて

価格について

ジュエリー選びのコツ

ブランドについて

リングの素材について

宝石鑑定士の私が購入したジュエリー

サイトについて