パヴェPaveの婚約指輪とは?パヴェPaveの婚約指輪の注意点は?

HOME > デザイン > パヴェPaveの婚約指輪とは?パヴェPaveの婚約指輪の注意点は?

パヴェタイプの婚約指輪

IMG_9982.JPG

もっとも豪華なパヴェタイプの婚約指輪。ダイヤモンドの数や質によって値段や見た目にかなり差があります。

ポイント(1)

パヴェタイプの婚約指輪はサイズ直しができません。サイズ直し可能ですよ、と言われてもサイズ直しをしないことをお勧めします。そのため、将来サイズが変わりそうな人は婚約指輪としては辞めたほうがよさそうです。また、サプライズのプレゼントとして、サイズがわからないのに婚約指輪を買いたい、と言う場合は、パヴェタイプは控えたほうが良いでしょう。もしくは、サイズが合わなかったとき、作り直してくれるかをお店で購入前に確認しましょう。

ポイント(2)

パヴェタイプは、とりあえず、最も個性的で豪華!個性的です。目に留まります。あまりしている人を見かけないですね。

ポイント(3)

基本的にパヴェタイプの婚約指輪はダイヤモンドと石留め代だけでもかなり高額です。そのため予算が限られている方は、真ん中のダイヤモンドが小さくなるか、質が低くなる可能性があります。
IMG_9915.jpg

ポイント(4)

パヴェは、ダイヤモンドが取れることを覚悟すること。婚約指輪に限らず、パヴェはダイヤモンドが取れやすいです。どこのブランドで購入してもそうです。スーパーブランドのパヴェは、ストッキングにも引っかからないくらい、滑らかにダイヤモンド留まってるでしょ?と言われても・・・使い方によってはパヴェのダイヤモンドは取れるものです。

それは仕方がないとして、取れたらメンテナンスする、と言う心構えが必要です。そのため、パヴェタイプが欲しい方はメンテナンスがしやすいブランドでの購入が好ましいです。(国内生産のものとか)

ポイント(5)

パヴェタイプの婚約指輪は重ね着けには向きません。重ね着けしているもう一本のリング、結婚指輪やエタニティリングが傷だらけになります。また、パヴェリング自体も爪が破損して、ダイヤモンドが取れやすくなります。

ポイント(6)

パヴェリングはデイリーには使わない。パヴェタイプのリングは、とてもデリケートです。お家に帰ってきたら外す、少しでも運動するとき、荷物が重いときなどは使わない、などいたわってあげることが大切です。

パヴェタイプ以外のデザインについては


ソリティアについて
エタニティタイプについて
サイドストーンについて
ウェーブタイプについて
ピンクダイヤモンドについて
パヴェタイプについて

ページトップへ

店頭では絶対教えてくれない結婚指輪・婚約指輪の選び方

ダイヤモンドについて

価格について

ジュエリー選びのコツ

ブランドについて

リングの素材について

宝石鑑定士の私が購入したジュエリー

サイトについて