サイドストーンの婚約指輪とは?サイドストーンの注意点は?


HOME > デザイン > サイドストーンの婚約指輪とは?サイドストーンの注意点は?

サイドストーンタイプの婚約指輪

o0475023011594762425.jpg

サイドに小さいメレダイヤモンド(鑑定書が付かないサイズ)が付いたサイドストーンタイプの婚約指輪。少し豪華に見せることができるタイプ。

ポイント(1)

サイドストーンタイプは真ん中のダイヤモンドが小さくても豪華に見せることができま。
IMG_0632.jpg

ポイント(2)

サイドストーンタイプの婚約指輪の良いところは、ピンクダイヤモンドが欲しい!ブルーダイヤモンドが欲しい!などのリクエストがあった場合、ピンクダイヤモンドやブルーダイヤモンドをサイドにあしらうことができる点です。ファッション性が強くなります、
IMG_0762.jpg

ポイント(3)

サイドストーンタイプはファッション性があるため、婚約指輪っぽさがなく、比較的デイリーに使いやすい。ザ・婚約指輪というデザインに抵抗がある人や、派手なものが嫌いな場合にもサイドストーンタイプはお勧めです。
IMG_9905.jpg

ポイント(4)

サイドのダイヤモンドが汚い会社があります。エタニティタイプと同じく、サイドのダイヤモンドにまでスペックがきちんと書かれているお店での購入をお勧めします。国内ブランドでは、結構汚いお店が目立ちます。

ただし、真ん中の大きなダイヤモンドのグレード(4C)が低い場合は、サイドのダイヤモンドが綺麗すぎると、真ん中のダイヤモンドの汚さを目立たせてしまうこともあるので注意が必要です。
IMG_0616-1 (20).jpg

ポイント(5)

サイドストーンタイプの婚約指輪はサイドにダイヤモンドがあるため、真ん中の大きめのダイヤモンドが強調できないため、1カラットなどで大きさを際立たせたい際はサイドのダイヤモンドの大きさや位置に注意が必要です。真ん中のダイヤモンドと同じ高さにサイドのダイヤモンドがあれば、比較的真ん中のダイヤモンドの大きさは際立ちませんが、少し低い位置に小さくある場合は、真ん中のダイヤモンドが小さい印象にはなりません。ただ、サイドのダイヤモンドが大きいものの方が、全体的に華やかな印象になります。
IMG_0780.jpg

その他のデザインの特徴はこちら


ソリティアについて
エタニティタイプについて
サイドストーンについて
ウェーブタイプについて
ピンクダイヤモンドについて
パヴェタイプについて

ページトップへ

店頭では絶対教えてくれない結婚指輪・婚約指輪の選び方

ダイヤモンドについて

価格について

ジュエリー選びのコツ

ブランドについて

リングの素材について

宝石鑑定士の私が購入したジュエリー

サイトについて