ゴールドとプラチナの純度は? 買ってはいけないゴールドとプラチナは?

HOME > リングの素材 > ゴールドとプラチナの純度は? 買ってはいけないゴールドとプラチナは?

ゴールドの18金と14金ってどういう意味?

金ゴールドの表記は1/24単位か、1/1000単位

金(ゴールド)は24分の何で表記されます。

24金(ゴールド)=100%金(ゴールド)=24K=24KARAT

です。実際には形を維持するため、99.9%のものが多いですが、金の延べ棒などがこちらの24金(ゴールド)となります。


一般的な地金は18金(ゴールド)ですが、こちらは
18/24 なので75%金(ゴールド)が含まれているということになります。

18金(ゴールド)=75%金(ゴールド)が含まれている=18K=18KARAT

です。残りの25%は割がね、と言い金(ゴールド)以外の金属が混ざっていて硬さや扱いやすさを調整しています。そのため、金(ゴールド)は、メーカーによって色が異なることがあります。こだわりの会社では、自社で金(ゴールド)混ぜて作っているところもあります。割がねの配分は、決まりはなく、そのお店お店によって異なります。


とは言え、企業秘密のことが多く、金(ゴールド)の割がねの比率は殆ど教えてくれないことが多いです。特に海外ブランドでは、ハニーゴールド(CHAUMET・ショーメ)、などといって白味が強い金(ゴールド)です、とか、色の個性として売りにしています。

ヨーロッパ製品などには、750と刻印されていることがあり、これは、K18ゴールドと同じ意味です。

リングの素材についてはこちら
金属アレルギーについてはこちら

プラチナ(PT)の表記は1/1000単位

反対にプラチナ(PT)は1000単位で表記されます。そのため、

PT1000(プラチナ1000)=100%プラチナ

となっています。また、結婚指輪で多いのは、950KARAT(95%プラチナ含有)のものがヨーロッパなどのブランドで多く、900KARAT(90%プラチナ含有)は国内のブランドで多くあります。


PT1000,PT950,PT900、どのプラチナが良い、強いなどということはなく、値段も殆ど変わりません。製造している工場で流通しているプラチナがどちらが一般的か、で決めているだけです。純度はPT1000のほうがもちろん高いので良いですけれどね。


日本で一番一般的に購入されている地金がプラチナです。切っても切っても同じ色がでてくるため、お手入れが楽です。PT900(プラチナ900)やPT950(プラチナ950)、PT1000(プラチナ1000)が一般的ですが、プラチナの値段の高等によりお値段が高いため、PT585やPT100といった要注意の素材も出てきています。


プラチナ(PT)は、85%以上プラチナを含んでいないと、プラチナのジュエリー、と言うことができないのですが、PT585などを扱うブランドでは、

ちゃんとしたプラチナ(PT)を含んでいるので、とうまく言いまわしていたりしていて、若干違和感を覚えます。またPT100は間違ってもPT1000でないので、10%のみ入っていることを忘れないようにしましょう。これが一番オンライン通販などのクレームで多いとのことです。

リングの素材についてはこちら
金属アレルギーについてはこちら

1234

ページトップへ

店頭では絶対教えてくれない結婚指輪・婚約指輪の選び方

ダイヤモンドについて

価格について

ジュエリー選びのコツ

ブランドについて

リングの素材について

宝石鑑定士の私が購入したジュエリー

サイトについて